恋愛アドバイス

2ヶ月間連絡がない片思い相手の心理とその対処法、判断基準をご紹介!!

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています

ご覧いただきありがとうございます。

現在片思いをされている方で、

相手と急に連絡が取れない経験をされた方はいませんか?

1週間や10日ほど連絡がつかないならまだしも

2ヶ月間、もしくはそれ以上ほったらかしにされている

状態が続いている場合注意が必要です。

連絡が途絶えると、不安やストレスが募り、冷静さを保つのが難しいので、

相手の心理を理解し、適切な対処法を知ることが重要です。

この記事では、2ヶ月以上片思いの相手が連絡してこない理由やその背景、

そして自分の気持ちを整理するための判断基準を詳しく解説します。

これを読めば、片思いの悩みを解消し、

前向きに進むためのヒントが得られるはずです。

ぜひ最後までお読みください。

2ヶ月間連絡がない片思い相手の心理

まずは2ヶ月間以上片思いしている相手と連絡がつかない場合の

相手の心理を解説していきます。

2ヶ月間も連絡がないと、不安やストレスを覚えてしまいます。

そんな時、相手がどんな心理状態にあるのかを理解することで、

冷静に対処できるようになるでしょう!

以下では、連絡が途絶える主な理由とその背景、

相手の連絡をよこさない心理について詳しく説明します。

理由1 忙しさやストレス

仕事や日常生活の忙しさが原因で、

連絡を忘れてしまうことがあります。

特に仕事が忙しいと、余裕がなくなり、つい返信を後回しにしてしまうのです。

休憩時間ですら仕事のことを考えている場合もあり、

結果的に連絡する余裕がないことも多いでしょう。

仕事終わりには疲れ果てて、すぐに眠りに落ちてしまうことも少なくありません。

理由2 興味の薄れ

相手の興味が薄れてしまっている可能性も考えられます。

連絡が途絶えることは、関心が薄れているサインかもしれません。

恋愛感情が薄れた場合、連絡することに対する意欲が低下します。

そのため、返信が遅くなったり、連絡が来なくなったりすることがあるのです。

理由3 自分の気持ちを確かめるための距離置き

相手が自分の気持ちを確かめるために、意図的に距離を置いている場合もあります。

この期間を利用して、自分の感情を整理し、

片思いの関係に対する自分の気持ちを確認しているのかもしれません。

距離を置くことで、冷静に自分の気持ちを見つめ直そうとしているのです。

理由4 他の関心事への集中

趣味や友人関係など、他の関心事に集中している可能性もあります。

片思いの相手が他の事に夢中になっていると、連絡が後回しになることがあります。

この場合、相手があなたに対する関心を失ったわけではなく、

一時的に他のことに集中しているだけです。

理由5 無意識の距離置き

相手が無意識のうちに距離を置いていることもあります。

特に関係が進展していない場合、相手は自然と連絡を減らし、

距離を取ることで自分の気持ちを整理しているかもしれません。

この無意識の距離置きは、

相手が自分の感情に向き合うための時間を必要としているサインです。

理由6 過去のトラウマや心の問題

過去の恋愛で傷ついた経験や心の問題が影響している場合もあります。

過去のトラウマから、再び誰かと深い関係を築くことに対して恐怖心を抱いている可能性があります。

このような場合、相手は自分の心を守るために、連絡を避けているのかもしれません。

連絡をしてこない相手の心理

ここからは心理的観点から連絡をよこさない相手の心理を

深掘りしていきます。

相手の気をひくため

放置する人の心理には「相手の気を引きたい」という意図があります。

急に構わなくなることで、相手に「どうしたんだろう?」と疑問を持たせ、

自分から連絡させる狙いがあります。

放置することで相手の関心を引き、一歩前進したいという気持ちがあるのです。

これは、相手が自分に少しでも気持ちがあると感じているため、

関係を進展させるための手段として使うことが多いです。

相手の気持ちを確かめたい

本当に相手が自分を好きなのか確かめたいという心理から放置することがあります。

自分だけが「好き」とアピールしていると不安になり、

相手の気持ちを試すために連絡を断ちます。

放置中に相手が何の反応も示さなければ「自分を好きではない」と感じ、

逆に相手が焦って連絡してきたり心配する素振りを見せれば「自分を好きなのだ」と確認できるのです。

このようにして相手の本心を見極めようとするのです。

追うよりも追われる恋をしたい

恋愛では「追うよりも追われる恋」を望む人が多いです。

特に女性は、自分が追いかけるよりも、男性に追われる恋愛で幸せを感じる方もいます。

追われることで安心感を得たいと考える人が多数いるため、

最初に積極的にアピールし、その後あえて連絡を控える「放置プレイ」で

一気に相手の気持ちを引き寄せるテクニックを使う人が多いのです。

2ヶ月間片思いの相手から連絡がない場合の対処法

ここからは2ヶ月間連絡がない片思いの相手に対する対処法を

解説していきます。

不安な気持ちや悩みを抱えて過ごすのは心身共に悪影響を及ぼします。

以下に挙げる心構えやアプローチ法をしっかり行い

相手からの様子をうかがっていきましょう!

冷静になることの重要性

まずは自身が冷静になることが第一です。

感情的な行動は逆効果を生むことが多く、

冷静さを保つことで、状況を客観的に見つめ直し、

適切な対応ができるようになります。

まず、自分自身の感情を整理する時間を持ちましょう。

焦って相手に連絡を取ると、相手にプレッシャーを与えてしまう可能性があります。

冷静になることで、相手の立場や状況を理解しやすくなり、コミュニケーションの質も向上します。

また、冷静になることは自己肯定感を保つためにも重要です。

片思いが続く中で、自分を責めたり、相手に依存したりすることは避けましょう。

自分の価値を再認識し、自分を大切にすることが、冷静さを保つ鍵となります。

冷静になることで、相手との関係性をより良い方向に導くための第一歩を踏み出せます。

感情的な反応を避け、冷静で客観的な判断を下すことが、片思いの悩みを解決するための重要な要素です。

直接的なアプローチ方法

友好的なメッセージを送る: 久しぶりに連絡する際には、軽い挨拶や共通の話題から始めましょう。

「最近どうしてる?」や「元気にしてる?」といった軽いメッセージで、

相手にプレッシャーを与えずに連絡を再開することができます。

共通の話題を探す: 相手が興味を持っている話題や、共通の趣味について触れると良いでしょう。

例えば、「最近、新しいカフェを見つけたよ。今度一緒に行かない?」など、

自然な流れで誘うことが大切です。

間接的なアプローチ方法

ソーシャルメディアを利用する: ソーシャルメディアを通じて相手に接触することも有効です。

相手が投稿した内容に対して「いいね!」やコメントをすることで、

自然な形で関係を再開することができます。

共通の友人を通じて情報収集: 共通の友人に協力を依頼し、

相手の近況を探ることも一つの方法です。

友人を介して相手の状況を知り、

適切なタイミングで連絡を取ることができるかもしれません。

こちらもCHECK

理想のパートナーを引き寄せる!?自己愛を満たし恋人をゲットするおすすめの方法3選を紹介!

続きを見る

2ヶ月間片思いの相手から連絡がない場合の続けるか諦めるかの判断基準

ここからは2ヶ月間以上相手から連絡がない場合の

片思いを続けるべきか諦めるべきかの判断基準をお伝えします。

片思いを続けるか諦めるかの判断は正直言うと相当難しいですが、

いくつかのポイントを考慮することで、

適切な決断を下す手助けになります。

相手の反応の見極め

まずは相手の反応を冷静に観察しましょう。

連絡が途絶えている期間に、こちらから連絡を取った際の反応が重要です。

もし返事がそっけなかったり、返信が遅い場合は、

相手が興味を失っている可能性があります。

一方で、積極的な返事や相手からの関心が見られる場合は、

まだ希望があるかもしれません。

相手の反応を見極めることで、自分の行動を決めるヒントになります。

自分の幸福感を優先する

片思いが続く中で、あなた自身が感じる幸福感はどうでしょうか?

もし片思いが原因でストレスを感じたり、

自己評価が下がったりしているなら、その関係はあなたにとって健康的ではありません。

恋愛は本来、幸福感や満足感をもたらすものです。

自分が幸せでないと感じる場合は、その片思いを見直すべきかもしれません。

自分の気持ちを大切にし、自己肯定感を保つことが重要です。

関係性の進展が見られない場合

片思いが長期間続いても、関係性に進展が見られない場合は、

諦めることを検討するタイミングです。

例えば、何度もデートに誘っても断られたり、連絡が一方的になっている場合は、

相手に対する優先順位が低いと考えられます。

このような状況が続く場合、次のステップに進むために片思いを手放すことが必要かもしれません。

具体的なタイミングの見極め

いくつかの具体的なタイミングを基に判断することも有効です。

例えば、以下のような状況が見られた場合は、

片思いを諦めることを検討しても良いでしょう。

  1. 既読スルーが続く: 自分からのメッセージが既読無視されることが続く場合、相手があなたに対して関心を失っている可能性があります。
  2. 会うことを避ける: メッセージのやり取りは続いても、実際に会うことを避けられている場合、相手はあなたとの関係を深める意図がないかもしれません。
  3. 相手に好きな人がいる: 相手に既に好きな人がいることが分かった場合、その片思いを続けることは難しいでしょう。
  4. 連絡が途絶えて3ヶ月以上経過: 片思いが始まってから3ヶ月以上経っても進展が見られない場合、次の恋愛に目を向けるタイミングかもしれません。

自分自身を大切にする

片思いを続けるか諦めるかを判断する際に最も重要なのは、

自分自身を大切にすることです。

片思いがあなたの生活や精神的健康に悪影響を与えているなら、

その恋愛を続けるべきではありません。

自分の幸福を最優先に考え、冷静に判断しましょう。

他の可能性に目を向ける

片思いを諦める決断をする際には、

他の可能性に目を向けることも重要です。

新しい出会いや他の人との関係に目を向けることで、新たな幸せを見つけるチャンスが広がります。

過去の恋愛に縛られず、前向きに新しいステップを踏み出しましょう。

2ヶ月間連絡がない片思い相手の心理とその対処法、判断基準のまとめ

では今回はまとめです。

  • 忙しさやストレス: 仕事や生活の忙しさで連絡が後回しになる
  • 興味の薄れ: 恋愛感情が薄れ、連絡の意欲が低下する
  • 距離置き: 自分の気持ちを確かめるために距離を置く
  • 他の関心事: 趣味や友人関係に集中している
  • 無意識の距離置き: 自分の感情に向き合うために無意識に距離を置く
  • 過去のトラウマ: 過去の恋愛で傷ついた経験が影響する
  • 冷静になる: 感情的にならず、冷静に状況を見つめ直す
  • 友好的なメッセージ: 軽い挨拶や共通の話題から連絡を再開
  • ソーシャルメディア利用: 自然な形で関係を再開する
  • 共通の友人: 友人を通じて相手の近況を探る
  • 相手の反応: 返信の速さや積極性を見極める
  • 幸福感: 片思いがストレスを感じるなら見直す
  • 関係性の進展: 長期間進展がないなら諦める
  • 具体的なタイミング: 既読スルーや会うことを避ける場合は検討
  • 自己尊重: 自分の気持ちを大切にし、冷静に判断
  • 新しい可能性: 他の出会いや関係に目を向ける

以上です。

2ヶ月間以上片思いをしている人から連絡がない人は

次のステップに進む準備をするか引き続き関係を維持していくかに

なります。

どちらに進んだとしても自身の成長に繋がっているので

恐れずに信じた道を進んで下さい。

今回の記事があなたの素敵な恋愛の一助になれば

幸いです!

是非充実した恋愛生活を謳歌して下さい!

では今回は以上です。

次の記事でお会いしましょう!!

-恋愛アドバイス
-